ここから本文です

【RIZIN】野沢オークライヤーは相手と握手で健闘を誓う

7/29(土) 19:34配信

スポーツナビ

 明日行われる「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント 1st ROUND ―夏の陣―」(30日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)の大会前日計量が29日、都内・ホテルで実施された。

 タレント・野沢直子の長女で明日デビュー戦を迎える真珠・野沢オークライヤー(米国)は57キロの契約体重を56.2キロでクリア。21日の公開練習ではロングスパッツ姿であったが、この日はファイトショーツで露出をし、手足の長さが際立った。

 対するムエタイをベースとするシーナ・スター(米国)はDCコミックスのキャラクターであるハーレイ・クインのふん装で登場。バットを手に迫力を醸し出したが、計量後は真珠と互いに礼をし、両手で握手を交わして健闘を誓い合った。

 女子3試合が行われる明日の大会では、真珠vs.シーナ戦以外も注目のカードが並ぶ。87.95キロのレディー・タパ(トンガ)と体重差を超えた一戦(88キロ契約)に臨むKINGレイナ(日本、74.55キロ)はタパとマネジャーである夫から贈られたアメを渋々受け取ったものの、計量後もマネージャーから挑発とも取れるからかいを執ように受けたため「ムカつく」とその感情を隠さない。

 大会最重量の120キロ契約戦に臨むギャビ・ガルシア(ブラジル、111.8キロ)は対戦相手のオクサナ・ガグロエヴァ(ロシア、117.9キロ)に自ら顔を近づけてにらみつけ、大会前日から飲んで掛からんとするかのように威圧していた。

 またキャシー・ロブ(米国、48.95キロ)との一戦(49キロ契約)でMMA初勝利を目指す山本美憂(日本、48.85キロ)は大胆な赤のビキニで登場し場内を沸かせた。

最終更新:7/29(土) 20:20
スポーツナビ