ここから本文です

まつ毛なんて気にするな!新潮社・中瀬ゆかりが稲田防衛大臣にアドバイス

7/29(土) 6:20配信

ニッポン放送「しゃベル」

7月26日(水)のニッポン放送「垣花正 あなたとハッピー!」(月-金 8:00-11:30)に、新潮社出版部長の中瀬ゆかりが登場。週刊新潮の特集記事「産経まで見放した“えこひいきの女王”稲田朋美防衛相の本性」を取り上げ、稲田大臣について言及した。

ポスト安倍の有力候補、安倍首相の“秘蔵っ子”として期待されてきたが、南スーダンのPKOの日報問題などで、さまざまな疑惑が浮き彫りになっている稲田朋美防衛相。

今週の週刊文春では、そんな稲田氏の“本性”を特集記事でまとめている。
『稲田さんは服装批判をされると“みんな私に嫉妬してるのよ”と開き直ったり注意されると“いじめるんですぅ~”と涙で総理執務室へ駈け込んだり…。当初、稲田氏を防衛相に任命したとき彼女は“え?防衛相なん?”と驚いたそうなんです。また、稲田氏の派手なファッションに対して安倍首相は“どこから(化粧品や服を)仕入れているんだろう”と驚いていたそう。』

さらに今年2月上旬、アメリカのマティス国防長官と初会談に臨んだ稲田氏。この会談に先立ち、電話会談を日本時間早朝に調整が進んでいたそうだが、稲田氏はこう言い放ったという。
『米国防長官のマティス氏との早朝会談を“化粧が間に合わない”と拒否した。その後、マティス氏との会談はもちろん、夕食会もまったく盛り上がらなかったんだとか。』

これを受けて今年2月下旬、トランプ大統領が安倍首相と会談した際『マティスに聞いたが女性の防衛相はふさわしくないようだな』と釘をさされたという。

また、今週の週刊新潮でも稲田氏を『閉会中審査の大嘘つきたち!まつエクしてる場合か「稲田朋美」』と題して特集。

記事を読んで中瀬ゆかりさんはこう話した。

『(稲田さんは仕事を)やることやっていれば、むしろステキと言われます。美しすぎる大臣…なんていわれるかもしれない。稲田さんのツラいところも同じ女としてわかるが、この際、まつ毛なんかむしって、なりふり構わずやったほうがいいですね!』

ニッポン放送