ここから本文です

強い台風9号 台湾に上陸 沖縄県では30日にかけて高波や強風に警戒・注意

7/29(土) 23:30配信

ウェザーマップ

 強い台風9号は台湾に上陸し、北北西に進んでいる。台風の影響で沖縄県八重山地方の沿岸の海域では大しけとなっており、30日朝までうねりを伴った高波に警戒が必要だ。また、朝まで強い南風が吹くため、陸上、海上とも強風にも十分注意が必要となる。

 台風9号は29日午後10時現在、台湾にあって、時速約20キロで北北西へ進んでいる。中心の気圧は960ヘクトパスカル、中心付近の最大瞬間風速は60メートルで中心から半径110キロ以内では暴風となっている。台風は強い勢力を保ちながら台湾付近を北西に進む見込み。

強風・高波・大雨

 与那国島地方の暴風警報は解除されたが、台風の影響で八重山地方では強い風が吹いている。八重山地方では30日朝まで、強い南風が吹く見込み。引き続き強風に十分注意が必要だ。
 30日に予想される最大瞬間風速は、八重山地方は南風で30メートル、宮古島地方は南東の風で25メートル。

 沿岸の海域では、八重山地方は大しけとなっており、大しけの状態は30日朝まで続く見込み。海上や海岸付近では、うねりを伴った高波に警戒が必要だ。
 また、宮古島地方ではしけており、沖縄本島地方や大東島地方では波が高くなっているため、30日にかけてうねりを伴った高波に注意が必要となる。
 30日に予想される波の高さは、いずれもうねりを伴って、八重山地方で7メートル、宮古島地方で5メートル、沖縄本島地方、大東島地方で3メートル。

 石垣市では、30日未明にかけて1時間に30ミリの激しい雨が降る見込み。低い土地の浸水に注意が必要だ。
 また、先島諸島と沖縄本島地方、大東島地方では、30日にかけて発達した積乱雲の下での落雷や突風、急な強い雨に注意が必要となる。発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど、安全確保に努めたい。

最終更新:7/30(日) 0:39
ウェザーマップ