ここから本文です

免許取得一度もなく…公用車で事故 容疑の志木市職員を送検/朝霞署

7/29(土) 22:19配信

埼玉新聞

 埼玉県の朝霞署は29日、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転傷害)の疑いで、新座市東1丁目、志木市教育委員会生涯学習課主事の男(25)を現行犯逮捕し、同法違反(無免許過失運転傷害)容疑で、送検したと発表した。

 送検容疑は27日午後4時5分ごろ、志木市中宗岡1丁目の路上で、無免許で公用車を運転、交差点を右折する際、対向から来たワゴン車と衝突し、助手席の男性(80)の首などに約2週間のけがを負わせた疑い。

 同署によると、事故は公務中で市内の公民館から水道局に移動する際に起きた。男は一度も免許を取得したことがなく、市によると免許証を取得していると虚偽の申請をしていたという。志木市の尾崎健市教育長は「市民の信頼を損なうこととなり、深くおわび申し上げる」とコメントした。

最終更新:7/29(土) 22:19
埼玉新聞