ここから本文です

家入レオ「良い音楽を残していきたい」

7/29(土) 23:50配信

ニッポン放送「しゃベル」

7月25日(火)深夜放送の、ニッポン放送『ミュ~コミ+プラス』(パーソナリティ:ニッポン放送アナウンサー吉田尚記、火曜日レギュラーアシスタント:田所あずさ)に家入レオが出演し、自身の音楽に対する心境の変化について語った。

今や数々の人気ドラマの主題歌やCMソングを担当し、国民的シンガーとなった家入レオだが、番組へは2012年のデビュー当時からコンスタントに出演していて、今回で13回目の登場。この日、生まれて初めてパーマをかけての出演となった家入。猫っ毛なのでパーマをかけてもすぐに元に戻ってしまっていたそうだが、美容院を変えたことにより、ようやく念願のウェイビーな髪型を手に入れたと語った。

そんな家入だが、パーマをかけたこの記念すべき日、7月26日(水)に新曲『ずっと、ふたりで』をリリースする。シンガーソングライターとして作詞・作曲もこなす家入だが、この曲は嵐や乃木坂46の曲を手がけてきた杉山勝彦が楽曲提供。この曲を聴いた吉田の「何十年も変わらない曲を残そうとしてませんか?」という質問に、家入は「良いものを残していきたいっていう気持ちが(最近)さらに強くなってきた」と心境の変化を語った。

「自分が作ってようが作ってなかろうが、いいものを残していくっていうのが一番大事なんだなっていうのを再認識した」ということで今回、作詞・作曲を杉山に任せることにしたという家入。同じく曲を聴いた田所から「ストレートな言葉が、家入レオさんが言うと沁みますね、深みがある」と言われた家入は「やばいめっちゃ嬉しい!」と喜びを爆発させた。

そして放送の後半では、なぜこんなに家入の言葉が心に響くのかについて語られた。

吉田:今年4月に武道館(ライブ)やったじゃないですか?

家入:やりました!

吉田:その武道館が良い意味で超シンプルだったんです!

家入:ありがとうございます!

吉田:武道館っていろんなことやりたくなると思うんですよね、出来る会場だし。だけど本当に「歌ー!」って感じのをやってて、初めから最後まで全然飽きないの!

家入:あー!うれしいー!

吉田:って思って、次に来たのが『ずっと、ふたりで』で「うわ!シンプル!」って思って今回すごい!って思って。

田所:飾り付ける必要が無いですもんね!そのまんまで美味しいもん!素材だけで!

家入:うれしいー!どうしよう!持って帰りたい田所さん!

田所:ええ~!?ありがとうございます!(笑)

家入:自分に自信の無いときにポチッと押したいですね。

デビュー6年目にしてまだ弱冠22歳の家入。これからも”何十年も変わらない曲”を生み出し続ける彼女に、期待が高まる。

ニッポン放送