ここから本文です

SEKAI NO OWARI、「メアリと魔女の花」主題歌の秘話明かす

2017/7/29(土) 19:04配信

AbemaTIMES

SEKAI NO OWARIの冠特別番組「SEKAI NO OWARI全員出演&新曲披露特番『ミュージック・ミュージアム』」が7月29日にオンエアされる。

映画「メアリと魔女の花」の主題歌として書き下ろされた楽曲「RAIN」を7月5日にリリースしたばかりのSEKAI NO OWARI。番組ではメンバーが新曲の制作秘話を語るトークを繰り広げるほか、ライブコーナーで同曲をパフォーマンスする。さらに、メンバーの念願企画だったというクイズコーナーに挑戦するなど、彼らの魅力がたっぷり詰まった1時間番組となっている。

AbemaTIMESでは番組収録日にSEKAI NO OWARIに直撃取材を敢行。新曲についてや、今回の特番についてなど、話を聞いた。

丁寧な作業を重ねていった

--「RAIN」がリリースされました。J-POPの王道をいく素晴らしい楽曲でしたが、これはどんなイメージで制作しましたか?

Fukase:映画の主人公であるメアリの心の中を天気に準えて作りました。一般的に比喩で使う「雨」はネガティブなイメージだと思うんですけど、今回は「心に長く降っていた雨は本当に悪いことだったのか?」ということに焦点を当てています。「彼女の中に降っていた雨が作りあげてきたものはなんなのか」ってことを考えていましたね。

--その発想に辿り着くまで時間はかかりましたか?

Fukase:「RAIN」というタイトル自体は、米林宏昌監督から絵を見させていただきながらストーリーを聞いてるときに漠然とぼくの頭の中にあったものなんです。

Nakajin:最初のミーティングの段階では、映画は完成してなかったんですけど、できあがっていた絵を見せてもらいながら監督からメアリの心情の動きなどを説明してもらったんです。その中で、ぼくらもイメージを膨らませていきました。

--それはまだ正式にSEKAI NO OWARIが主題歌を担当することが決まってない段階なんですよね?

Fukase:はい。

--それを経ての曲作りはいかがでしたか?

Fukase:アレンジはすごく時間をかけましたね。難航したというよりはすごく丁寧な作業を重ねていったんです。細かくディティールを詰めていくと、どうしても時間は必要だったんです。

Nakajin:路頭に迷ったりとか、大きく方向性を変えるみたいなことはなかったですね。

Fukase:何度か「大変だな」と思う瞬間はありましたけど、それでもやるべきことをひとつひとつ進めていけば確実に完成には向かうので。大変だった時期もあるけど、それは当然の大変さというか(笑)。

Nakajin:監督さんとプロデューサーの西村義明さんがいかに高い熱量でこの作品を作っているかというのがものすごく早い段階でぼくらに伝わってきたんですよ。なのでそれに引き込まれるかのように、映画のスタッフになった気分で曲作りをしていましたね。

1/5ページ

最終更新:2017/7/29(土) 19:04
AbemaTIMES