ここから本文です

オリックスが本拠地6連勝、ドラ1山岡が好投4勝目、安達&伊藤が2打点

7/29(土) 17:16配信

Full-Count

後半戦は8連敗スタートも2連勝で盛り返す

 オリックスが本拠地での楽天戦に5-2で勝利し、後半戦8連敗スタートの後で2連勝を飾った。これで本拠地・京セラドーム大阪では6連勝となった。

 先発マウンドに上がったのは、ドラフト1位ルーキーの山岡。立ち上がりは3者凡退という上々の滑り出しだったが、味方が1点を先制した直後の4回に銀次、福田にタイムリーを浴び、逆転を許した。だが、5回、6回を3者凡退に仕留めると、7回2死から嶋に右前へ安打されるも失点せず。7回6安打1四球2失点で4勝目を挙げた。

 打線は楽天の先発・美馬の前に苦しんだが、3回に吉田正のタイムリーで先制。1-2で迎えた5回には伊藤の左二塁打で同点に追いついた。同点で迎えた6回、前日満塁弾を放った中島が四球で出塁すると、続くマレーロから3連打。安達の右翼二塁打で勝ち越しに成功すると、今度は伊藤が左犠飛で1点を挙げ、この回3点の勝ち越しに成功した。

 楽天は8回に、オリックス2番手ヘルメンの2連続四球でチャンスを得たが生かせず。ここへ来て、痛い3連敗を喫した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/29(土) 17:17
Full-Count