ここから本文です

西武が今季最長8連勝、秋山&ルーキー源田が2安打2打点、多和田が3勝目

7/29(土) 20:18配信

Full-Count

多和田は7回を5安打9奪三振無失点の力投

 西武は29日、敵地でのロッテ戦に6-1で勝利し、今季最長8連勝を飾った。2年目右腕の多和田が7回5安打9奪三振無失点の好投で、今季3勝目をマーク。打っては、秋山と源田の1、2番コンビが2安打2打点と盛り上げた。

 先発の多和田は、初回を3者連続三振とすると、2回は1死から四球を与えるも併殺に打ち取り、3回は2死一、二塁のピンチで、加藤を空ぶる三振に斬り、無失点で乗り切った。その後も5回、6回と得点圏に走者を置くが粘投。7回は福浦、三木、田村を3連続空振り三振に仕留め、8回から中継ぎに託した。

 打線は、3回1死一、二塁の好機で、ルーキー源田がライト前に先制タイムリー。7回には1死満塁から秋山が右翼へ適時打、なおも満塁で源田がセンターへ犠飛を運び、2点を追加した。さらに、9回1死二塁から秋山が左翼へタイムリーを放って4点目を上げると、浅村、栗山にも適時打が飛び出し、リードを6点とし、勝利を確実のものとした。

 ロッテは、先発二木が6回1/3を5安打7奪三振ながらも4四死球と荒れ、3失点。9回には4番手の東條が打ち込まれ、3連敗を喫した。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/29(土) 20:18
Full-Count