ここから本文です

高砂淳二さんの写真展開幕 ミュゼふくおかカメラ館

7/29(土) 14:57配信

北日本新聞

 写真家、高砂淳二さんの写真展「Dear Earth(ディア・アース)」が29日、高岡市福岡町福岡新のミュゼふくおかカメラ館(金山嘉宏館長)で開幕した。初日はギャラリートークが行われ、高砂さんが「宇宙を想像しながら写している」などと撮影エピソードを語った。

 高砂さんは、ウユニ塩湖(ボリビア)に映る満天の星空やアイスランドの氷河、南米のギアナ高地で撮影した作品を紹介。「地球のエネルギーを肌で感じることができた」と振り返った。オーロラや夜の虹などの作品について「変化する自然は、意識していなかった光景を“プレゼント”してくれた」と説明した。写真愛好家に向け、技術面のアドバイスも行った。

 写真展は10月1日まで。高砂さんが世界の五大陸と3大洋を巡って撮った約80点が並ぶ。トークイベントを9月16日にも行う。問い合わせは同館、電話0766(64)0550。北日本新聞社共催。

北日本新聞社

最終更新:7/29(土) 14:57
北日本新聞