ここから本文です

札幌FWジェイが初弾!! “タイのメッシ”もリーグ戦デビュー…指揮官は「もっと良くなる」と新戦力に期待

7/29(土) 16:40配信

ゲキサカ

[7.29 J1第19節 札幌2-0浦和 札幌ド]

 中断期間中に北海道コンサドーレ札幌に加入した2人の新戦力がデビューを飾り、2-0の勝利に貢献した。

 26日のルヴァン杯プレーオフステージ第2戦C大阪戦で公式戦デビューしていた“タイのメッシ”ことMFチャナティップは先発でリーグ戦デビュー。前半4分に警告を受けたものの、積極的な姿勢を打ち出して組み立てに絡み、巧みなボールタッチでシュートチャンスも創出した。

 前半32分にDF福森晃斗のCKからFW都倉賢が先制点を奪取すると、同39分には浦和DF槙野智章が一発退場となって数的優位に。さらに後半開始から3枚替えを行って交代カードを使い切った浦和に負傷者が出て、残り40分以上を2人多い状況で試合を進めることになった。

 そして、後半18分にはチャナティップに代わって、同じく中断期間中に加入したFWジェイがピッチへと送り込まれる。すると同43分、右サイドからMF小野伸二が送ったクロスをジェイがヘディングで叩き込んで移籍後初ゴールを記録。試合後のインタビューでジェイは「ファンの皆さんも素晴らしかった。私はゴールを決めましたが、チームのゴール。チームが素晴らしかった」と仲間に感謝を示した。

 中断明け初戦で2-0の完封勝利へと導いた四方田修平監督は、新戦力の2人に対し、「2人とも持ち味を出してくれたと思うけど、この先もっともっと良くなると思う」とさらなる活躍に期待を寄せた。

最終更新:7/29(土) 17:11
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報