ここから本文です

立正大淞南が順当勝ち、初出場の名経大高蔵は退場響き初戦で涙

7/29(土) 22:09配信

ゲキサカ

[7.29 全国高校総体1回戦 名経大高蔵高0-1立正大淞南高 みやぎ生協めぐみ野サッカー場Aグラウンド]

 平成29年度全国高校総体「はばたけ世界へ 南東北総体2017」サッカー競技(宮城)が29日、開幕し、各地で1回戦を行った。みやぎ生協めぐみ野サッカー場Aグラウンドの第1試合では立正大淞南高(島根)が初出場の名経大高蔵高(愛知)に1-0で勝利。明日30日の2回戦では市立長野高(長野)と対戦する。

 スコアレスで折り返した後半8分、立正大淞南は中央のMF松近嘉莉歩(3年)が右サイドに展開。スペースに飛び出した途中出場のMF河岸真太朗(3年)がゴール前に鋭いクロスを入れ、FW安野真央(3年)が右足ボレーで蹴り込んだ。

 1点を追う展開となった名経大高蔵は後半16分にMF山本蓮(3年)が2枚目の警告で退場。数的不利に立たされ、後半はシュート数ゼロと反撃に出ることができなかった。

 追加点こそ挙げられなかった立正大淞南だが、1-0の完封勝利で初戦突破。2年ぶりの4強、さらには初の決勝を目指し、上々のスタートを切った。

最終更新:7/29(土) 22:09
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合