ここから本文です

30年ぶりの出場、そして勝利!地元・東北学院を破った浦和西が2回戦へ

7/29(土) 22:34配信

ゲキサカ

[7.29 全国高校総体1回戦 東北学院高 1-2 浦和西高 ひとめぼれスタジアム宮城]

 平成29年度全国高校総体「はばたけ世界へ 南東北総体2017」サッカー競技(宮城)が29日、開幕し、各地で1回戦を行った。ひとめぼれスタジアムの第1試合では、地元代表の東北学院高(宮城2)が17年ぶりに登場。浦和西高(埼玉2)と対戦し、1-2で敗れた。浦和西は30日の2回戦で、京都橘高(京都)と対戦する。

 30年ぶり2回目の出場となった浦和西が、序盤からペースを握った。前半のシュートが1本に終わった東北学院に対し、浦和西は6本。その勢いのまま臨んだ後半9分、左からのスローインを受けたMF楮本颯(3年)が右足でクロスを送ると、中央で待っていた158cmのMF加藤淳志(3年)が戻りながら頭で決めた。

 そのまま攻勢を続けた浦和西は後半20分にも得点。MF遠藤寛紀(3年)の左CKに反応したFW森喜紀(2年)のヘッドはポストに当たったが、DFオージ・ヴィクター・シラタ(2年)が跳ね返りを押し込んで追加点を奪った。

 東北学院も直後の同21分、DF佐藤大河(1年)のFKに反応したDF岸本渉(3年)がヘディングを決めて追いすがったが、反撃はここまで。後半はシュート6本の攻勢をかけたが、試合は1-2のまま終わった。選手権5回の出場経験を持つ古豪・浦和西は、総体初出場でベスト16に進んだ1987年大会以来の白星を複数得点で飾った。

最終更新:8/1(火) 15:24
ゲキサカ