ここから本文です

グッチ・メイン、ミーゴズ、メイスら参加 スティーヴ・アオキが初のヒップホップ・アルバムを発売

7/30(日) 21:50配信

bmr.jp

グッチ・メイン、ミーゴズ、メイスら参加 スティーヴ・アオキが初のヒップホップ・アルバムを発売

グッチ・メイン、ミーゴズ、メイスら参加 スティーヴ・アオキが初のヒップホップ・アルバムを発売

米フォーブス誌が毎年発表するDJ長者番付では3年連続でトップ5にランクインする人気DJ/プロデューサーのスティーヴ・アオキが、自身初のヒップホップ・アルバムとなる『Steve Aoki presents Kolony』を28日に発売した。

元オリンピック日本代表レスリング選手、ロッキー青木こと青木廣彰を父に持ち、人気モデル/女優のデヴォン青木の兄としても知られるスティーヴ・アオキ。2012年にダンス・ミュージックの名門レーベル Ultra Musicからデビュー・アルバム『Wonderland』をリリースし、翌年にはグラミー賞候補にもなるなど話題を呼んだ彼は、フォーブス誌によるDJ長者番付「The World’s Highest-Paid DJs」ランキングでは2012年に5位(推定1200万ドル)に。そしてEDM隆盛の波に乗り、同ランキングでは2014年に5位(推定2300万ドル)、2015年に5位(推定2400万ドル)、2016年にも5位(推定2350万ドル)と3年連続でトップ5入りするなどスターDJとして活躍している。

昨年夏にはNetflixで彼のドキュメンタリー『I'll Sleep When I'm Dead』も配信され、EDMスターのひとりとして不動の位置を築いたスティーヴ・アオキだが、『Neon Future II』以来2年以上ぶりとなる新作『Steve Aoki presents Kolony』は、自身初のヒップホップ・アルバムに。これまでも2014年作『Neon Future I』などラッパーとのコラボレーションも少なくなかったが、今回は全面的に人気ラッパーたちをゲストに迎え、サウンド面においても、得意のエレクトロ的な要素を残しつつ、トラップなどの現行ヒップホップを意識したものになっている。

ゲスト・ラッパーには、ゲスト参加したレイ・シュリマーの“Black Beatles”が昨年全米シングル・チャート1位になったグッチ・メイン、今年に入って“Bad and Boujee”が全米シングル・チャート1位を獲得し、最新作『Culture』もアルバム・チャート1位を制したミーゴズ、その“Bad and Boujee”に参加していたリル・ウージー・ヴァート、同様にゲスト参加したカイルの“iSpy”が全米シングル・チャート最高4位のヒットとなったリル・ヤティなど、ゲスト・オファーの絶えない今もっとも勢いのある顔ぶれが並ぶ。

全10曲のアルバムには加えて、トゥー・チェインズ、ワーレイ、T-ペインといった人気アーティストや、先日カミングアウトしたことが話題になったアイラヴマコーネン、そのアイラヴマコーネンの最大のヒット“Tuesday”などを手がけたプロデューサーで、自身もラッパーとして活動するソニー・ディジタル、さらに、90年代にBad Boy Recordsの売れっ子として活躍し、近年ふたたびラッパーとして再始動しているメイスまで、豪華な面子が揃っている。

先月にはやはりEDMサウンドでスターDJ/プロデューサーとなったカルヴィン・ハリスが、ミーゴズなどヒップホップ~R&Bで人気のアーティストたちを多く集めた『Funk Wav Bounces Vol. 1』をリリースし、ファンク/ブギー調のサウンドに転換したことも話題を集めている。また、先日発表された2017年上半期のアメリカにおける音楽市場レポートによれば、R&B/ヒップホップ作品は、この2017年上半期における音楽消費の全体の25.1%を占め、他ジャンルと比較して「もっともヒットしたジャンル」になったと報告されており、特にヒップホップは目を見張る勢いを見せている。

なおスティーヴ・アオキは、今年9月16日(土)から18日(月・祝)の3日間に渡ってお台場特設会場で開催される国内最大規模の都市型ダンス・フェスティバル〈ULTRA JAPAN 2017〉への初参加が決定しており、ヘッドライナーを務める予定。また最新作『Steve Aoki presents Kolony』は7月28日にデジタル配信が始まったが、日本盤CDが8月23日(水)に発売予定となっている。

1. “Kolony Anthem” (feat. iLoveMakonnen & Bok Nero)
2. “Lit” - Steve Aoki & Yellow Claw feat. Gucci Mane & T-Pain
3. “Without U” - Steve Aoki & DVBBS feat. 2 Chainz
4. “How Else” (feat. Rich The Kid & iLoveMakonnen)
5. “Been Ballin” (feat. Lil Uzi Vert)
6. “Night Call” (feat. Lil Yachty & Migos)
7. “$4,000,000” - Steve Aoki & Bad Royale feat. Ma$e & Big Gigantic
8. “If I Told You That I Love You” (feat. Wale)
9. “No Time” - Steve Aoki & Bad Royale feat. Jimmy October
10. “Thank You Very Much” - Steve Aoki & Ricky Remedy feat. Sonny Digital

最終更新:7/31(月) 20:50
bmr.jp