ここから本文です

(著者に会いたい)『弥栄の烏』 阿部智里さん

7/30(日) 16:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 ■「八咫烏シリーズ」はある予感から 阿部智里さん(25歳)
 最年少の20歳で松本清張賞を受け、作家デビューした。人から鳥の姿に変身できる「八咫烏(やたがらす)」が治める異世界を描く「八咫烏シリーズ」を書き続け、6巻の『弥栄(いやさか)の烏(からす)』で第一部が完結した。累計85万部に達する大ヒットになった。5年前の自分から見て、今の自分は――。「想像していた通りです」ときっぱり。
 高校2年、後の5巻『玉依姫(たまよりひめ)』の原型となる小説を書いていたときのこと。八咫烏が生きる世界を表す「山内(やまうち)」という言葉が浮かんだ。……本文:1,741文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社