ここから本文です

タワーオブロンドン快逃 マイペースで2馬身半差の完勝

7/30(日) 6:04配信

デイリースポーツ

 「新馬戦」(29日、札幌)

 マイペースの逃げを打った2番人気のタワーオブロンドン(牡2歳、父レイヴンズパス、母スノーパイン、美浦・藤沢和)が、2馬身半差で完勝した。

 ルメールは「真面目だった。直線もすごくいい反応。体が大きいし、パワーがある。父はいいマイラーだったしね」と近親に昨年の皐月賞馬ディーマジェスティを持つ素質馬を絶賛。短期放牧を挟んでクローバー賞(8月20日・札幌)へ向かう。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

Yahoo!ニュースからのお知らせ