ここから本文です

ドルトムントのモル、高額すぎて手が出ず ハノーファーが獲得断念

7/30(日) 17:13配信

ISM

 今季からドイツ・ブンデスリーガ1部に復帰するハノーファーが、ドルトムントMFエムレ・モルの獲得を断念したようだ。現地時間30日付の独『ビルト』紙(電子版)が伝えている。

 攻撃的な選手の補強を目指しているハノーファーだが、なかなかそれが進まない。デニス・ブアンガの獲得を目指すも、同選手は所属先のロリアン(フランス)と契約を延長し、アンソニー・ウジャーに手を伸ばすも、遼寧宏運(中国)から断られた。

 さらに、ドルトムントに対して出していたモルの獲得オファーも失敗に終わったという。ハノーファーは期限付き移籍での獲得を求めていたものの、ドルトムント側はこれを却下。完全移籍の場合でもその金額がおよそ2000万ユーロ(約26億円)と、ハノーファーが出せる額ではなかったらしい。

 ハノーファーでマネージャーを務めるホルスト・ヘルト氏は「もうその話はない」と語り、モルから手を引いたことを明かしている。移籍市場の閉幕までまだ時間はあり、今後も動いていくつもりだとしながらも「2000万ユーロもする選手と契約することはない」と語っている。

最終更新:7/30(日) 17:13
ISM