ここから本文です

【RIZIN】矢地が北岡にTKO勝ち、大みそかクロン・グレイシー戦をアピール

7/30(日) 19:16配信

イーファイト

RIZIN FIGHTING FEDERATION
「RIZIN FIGHTING WORLD GP 2017 バンタム級トーナメント1st ROUND-夏の陣-」
2017年7月30日(日)さいたまスーパーアリーナ

【フォト】矢地の左ストレート

▼第6試合 RIZIN MMAルール 70.0kg契約 1R10分/2R5分
〇矢地祐介(KRAZY BEE/元修斗環太平洋ライト級王者/元PXCフェザー級王者)
TKO 2R 4分48秒 ※レフェリーストップ
●北岡 悟(ロータス世田谷/パンクラスイズム横浜/DEEPライト級王者)

 北岡、矢地ともに前戦で元UFCファイターのダロン・クルックシャンクを下して今回の一戦を迎える(北岡は昨年12月に1R一本勝ち、矢地は4月に1RKO勝ち)。矢地は戦前、長年国内トップを走って来た北岡を破っての世代交代を宣言している。

 1R、前に出る北岡にカウンターのパンチを狙う矢地。北岡は片足に組み付くと暴れる矢地を離さず、テイクダウンを奪う。パウンドを見舞う北岡。矢地が立ち上がるのを阻止していく。立ち上がると矢地は左ストレートをヒットさせる。北岡もフックで応戦。

 北岡の蹴り足をキャッチし、転倒させた矢地が蹴りを見舞う。北岡はすぐに足を取りに行ってテイクダウンを取りに行く。これを逃れた矢地は左ストレート、左ハイキック。北岡はステップを使ってヒットを奪わせない。思い切りパンチを叩き付ける矢地に、北岡は右フックからのタックル。しかし、矢地は立つ。

 2R、北岡はタックルに行くが矢地がかわし続ける。両足をつかみにきた北岡には蹴り上げ。さらにパンチをヒットさせていく矢地。しかし北岡はじりじりと前へ出てタックルを決める。矢地は寝かされないようにコーナーを背にしてのディフェンス。

 立ち上がると矢地は北岡のタックルをかわしながらのパンチ。北岡はパンチをもらっても一歩も下がらず前へ出ていく。矢地のワンツーが連続ヒットするが、北岡は倒れない。しかし、矢地がなおも左右ストレートを連打していくと足がもつれ、最後は左ストレートでロープまで吹っ飛ばされたところでレフェリーが試合をストップした。

 北岡を破る大金星を得た矢地は、「どうも、やっち君でーす。もうちょいでスターかな。まだ足りないよね? 大みそか、クロン・グレイシーとやらせてください。どうですか? とりあえずおいしいごはんを食べに行きます」と、大みそかでのクロン戦をアピールした。

最終更新:7/30(日) 19:16
イーファイト