ここから本文です

高嶋ちさ子、「アイドル時代」の黒歴史語る「ひどいのいっぱいあった」

7/30(日) 12:54配信

スポーツ報知

 バイオリニストの高嶋ちさ子(48)が30日放送の日本テレビ系「誰だって波瀾爆笑」(日曜・午前9時55分)に出演。26歳の頃、“アイドル活動”をしていたことを語った。

 高嶋の父は60年代のビートルズ・ブームの火付け役。「ノルウェーの森」など邦題のタイトルもつけたレコード会社の社員だ。高嶋がアメリカの名門・イェール大学への留学から帰国した26歳の頃、その父からの提案で「チョコレート・ファッション」という演奏を中心としたアイドルユニットを結成させられたという。

 高嶋は「暗い過去シリーズ」と黒歴史だったことを語り、鳴り物入りでデビューしたが「(営業で)ひどいのいっぱいあった。スナックでの演奏や、雨の中で演奏させられたこともあった」と苦笑いを浮かべていた。

最終更新:7/30(日) 12:54
スポーツ報知