ここから本文です

鈴木奈々、今井議員の「一線を越えていない」を体験談で擁護 トレエン斎藤は“二線越え”

7/30(日) 11:32配信

スポーツ報知

 タレントの鈴木奈々(29)が、30日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」(日曜・前9時54分)に出演し、自民党の今井絵理子参院議員(33)が週刊新潮で神戸市議会の橋本健市議(37)と不倫疑惑を報じられたことについて持論を語った。

 報道があった27日に今井氏と橋本氏は、FAXで今回の問題を釈明し橋本氏は神戸市内で取材に応じたが、共に「一線を越えていない」などと釈明した。

 鈴木は「私は一線を越えていないと思います」と共演者らの「一線越え」議論について自身の経験から異論を唱えた。

 2014年1月に結婚した鈴木は、自身の恋愛について、互いに実家暮らしだったことから「ホテルに30回ほど行った。でも一線を越えなかった。それで、私、この人と結婚したいなと思いました。すごい大切にされている感じがした」と赤裸々に告白し、2人の釈明を擁護。MCの「爆笑問題」太田光(52)から「チューもしなかった?」と問われると「そうです」と言い切った。

 一方、お笑いコンビの「トレンディエンジェル」斎藤司(38)は「二泊しているので、“二線”は越えていると思います」と指摘していた。

最終更新:7/30(日) 11:58
スポーツ報知