ここから本文です

【小倉新馬戦】九州産限定はコウエイユキチャンが2番手から押し切る

7/30(日) 13:13配信

スポーツ報知

 30日の小倉5R・2歳新馬(芝1200メートル=17頭立て、九州産限定)は2番人気のコウエイユキチャン(牡、栗東・山内研二厩舎、父ストラヴィンスキー)が2番手から押し切った。勝ち時計は1分11秒6。

 大外の17番枠からの発走だったが、仕掛け気味に先行策。逃げるヤエノプリーマを見る形で2番手から運ぶと、直線入り口では持ったままで早々と先頭へ。最後は1番人気のキリシマアスカが迫ったが、3/4馬身差で封じ込む完勝だった。

 騎乗した松山騎手は「調教で動けていたし、初戦から走れそうな感じでした。直線ではフワッとするところもありましたが、押し切ってくれました。まだ、これから良くなると思います」と素質を感じ取った様子。今後はソエ(骨膜炎)の状態次第だが、再び九州産馬限定のひまわり賞(8月26日、小倉)を視野に入れている。

最終更新:7/30(日) 13:17
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ