ここから本文です

ソフトバンクが3連勝 今季最多貯金29 武田が3勝目「気楽に投げられた」

7/30(日) 16:04配信

デイリースポーツ

 「ソフトバンク4-3日本ハム」(30日、ヤフオクドーム)

 ソフトバンクが接戦を制して3連勝で貯金を今季最多の29とした。

 先発した武田翔太投手が5回1/3を2安打2失点で3勝目(1敗)。日本ハム打線を松本、中島の2本のソロ本塁打による失点に抑え込んだ。

 好投の武田は「打者のみなさんが打ってくれたので、気楽に投げることができました。もう少し長い回が投げられれば良かったんですけど、あまり調子が良くなかったので」と振り返った。

 打線は初回にデスパイネの適時打で1点を先制。二回には「7番二塁」で先発した川島の4号ソロで加点。五回には今宮の8号本塁打で2点を加えた。

 2試合連続本塁打で連夜のお立ち台となった今宮は、「できすぎの結果で良かったです。体が勝手に反応してくれた」と笑顔をのぞかせていた。

 日本ハムは3点を追う六回に中島のプロ9年目で初となるソロ本塁打で1点をかえしたが、八回に大谷の適時打で1点差に迫り、なおも2死二、三塁の好機をつくったが、ここで回またぎで登板したソフトバンクの守護神・サファテに抑えられた。サファテはリーグ単独トップの32セーブ。