ここから本文です

広島、ベテラン新井が先制タイムリー「思い切っていった」

7/30(日) 19:50配信

デイリースポーツ

 「広島-ヤクルト」(30日、マツダスタジアム)

 広島は四回、新井貴浩内野手の適時打で先制した。

 0-0の四回。2死一塁から鈴木が左前打を放ち、一、二塁と好機を広げて新井に打席をつないだ。

 新井は1ボールからの2球目、石川の投じた低めの125キロのシンカーを捉えた。打球は中前へ。その間に二走・菊池が一気に本塁へ滑り込み生還。「チャンスだったので、思い切っていきました」とベテランの一打で先制点を奪った。

スポーツナビ 野球情報

Yahoo!ニュースからのお知らせ