ここから本文です

【西武】11年9月以来の9連勝!辻監督「上がかすかに見えてきた」

7/30(日) 22:29配信

スポーツ報知

◆ロッテ3―7西武(30日・ZOZOマリン)

 西武が序盤の集中打でロッテ先発の石川を攻略し、11年9月以来の9連勝とした。

 同点に追いつかれた直後の3回だ。先頭の秋山が四球を選ぶと、1死から浅村が左前安打、中村も四球を選んで満塁と好機を広げると、5番で起用された山川が決勝の左翼線2点適時二塁打を放った。流れは止まらず、その後2死から外崎、炭谷、金子侑が3者連続適時打。打者10人、5安打6得点の猛攻で一気に試合を決めた。

 今季2度目の5番起用に応えた山川は、フルカウントから石川の内角直球をたたいた。直前の中村が四球で歩いて広がった好機だっただけに、「三振が1番良くないと思っていた。中村さんの後なので、中村さんが勝負を避けられて僕で勝負になると思った。打たないといけない場面だったので、良かったです」とうなずいた。

 打線がかみ合っての9連勝。辻監督も「お見事。同点に追いつかれて次の1点が取れればいいと思っていた。6点取られたら相手もガクッとくる。6点は大きすぎるよね」と集中打をたたえた。1日の休養日をはさみ、8月1日からは本拠地で楽天、ソフトバンクとの3連戦に臨む。「上がかすかに見えてきた」と指揮官は気を引き締め直していた。

最終更新:8/14(月) 17:53
スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/23(水) 6:30