ここから本文です

【NBA】ヒート、G.ドラギッチ&J.ウィンズロウ放出報道を否定

7/30(日) 15:49配信

ISM

 マイアミ・ヒートは現地28日、クリーブランド・キャバリアーズのカイリー・アービング獲得に向け、ポイントガードのゴラン・ドラギッチとフォワードのジャスティン・ウィンズロウをオファーしたという米スポーツ専門ケーブル局『ESPN』の報道を否定した。ヒートの地元紙『サン・センチネル』が報じた。

 アービングのトレード要求報道でさまざまな臆測が報じられるなか、『ESPN』のエイドリアン・ウォジャロースキー記者は、キャブスにトレードをオファーしたのは少なくとも、サンアントニオ・スパーズ、ロサンゼルス・クリッパーズ、フェニックス・サンズ、ミネソタ・ティンバーウルブズ、ニューヨーク・ニックス、ヒートの6チームだとコメント。ヒートは、ドラギッチとウィンズロウを“差し出すつもり”だと述べた。

 これを受けヒートは、いかなるオファーも提示していないと報道を否定した。情報筋によれば、ヒートや他のいくつかの球団は、キャブスが見返りを求めすぎていると考えているとのこと。

 25歳のアービングは、キャブスとの契約が3年残っているが、2019年のオフにフリーエージェントになることができる。キャブスは今週、アービングを焦って放出する必要はないとの考えを示している。

最終更新:7/30(日) 15:49
ISM