ここから本文です

星野源のエールはサプライズ!?紅白初出場の舞台裏を告白

7/30(日) 0:10配信

ニッポン放送「しゃベル」

7月23日(日)のニッポン放送『中山秀征の有楽町で逢いまSHOW♪』(毎週日曜 朝5時30分~)は、市川由紀乃、さわち美欧、松阪ゆうきが出演、ライブショーを展開した。

シャンソン歌手のさわち美欧。
ステージでよく歌う「時の流れに身をまかせ」と、新曲の「戸惑い」(6/28発売)を披露。

さわち美欧の特技は、なんと「寿司が握れること」。
寿司職人の養成学校に通ったことがあり、包丁研ぎ、三枚おろし、大根のかつらむき、寿司の握り方を習ったそうだ。
寿司が握れるシャンソン歌手…世界で一人かもしれない。

デビュー曲、二枚目のシングルと望郷演歌を唄い、袴姿だった松阪ゆうき。
3作目のシングル新曲「愛の欠片(かけら)」(6/28発売)は、歌謡曲テイストということで、スーツ姿に。 元ミュージカル俳優とあって、スーツもばっちり決まっている。

デビュー24年目に、念願の紅白に初出場を果たした市川由紀乃。
当番組が始まってから、ずっと応援してきた歌手の一人ということで、中山秀征も大喜び。
紅白当日、先輩歌手からのアドバイスは「ステージで絶対に泣かないように」。

歌唱前、大ファンの星野源さんからのエール。
「あれ、サプライズだったんです!びっくりするやら、うれしいやら」だったとか。
日本全国の応援してくれたファンに、お礼を込めてしっかりと歌った市川由紀乃、歌い終わったら溢れる涙が止まらなかったそうだ。

ニッポン放送