ここから本文です

【動画解説】台風5号は本州付近へ? 今後の進路に注意

7/30(日) 12:01配信

ウェザーマップ

ウェザーマップ

 小笠原諸島周辺に停滞する台風5号がこの先、本州付近へ近づくおそれがあります。

 日本付近には3つの台風が発生中ですが、台風9号と10号は熱帯低気圧へと変わる見込みです。ただ、石垣島などの沖縄・先島諸島では月曜日にかけて、風が強く、波の高い状態が続きそうです。また、台湾方面へ旅行を予定されている方も雷雨や暴風に注意してください。

 一方、小笠原諸島周辺に停滞する台風5号は、今後、北上する可能性が出てきました。進路は、はっきりと定まっていませんが、予報モデルによっては、8月5日土曜日頃から本州付近へ向かう計算もあります。今後も台風5号の動きに注意が必要です。

 また、台風からの湿った空気の影響が続いています。月曜日は、東北や東日本でぐずついた天気となり、西日本も晴れ間があっても、午後は局地的な雷雨が起こりやすいでしょう。

 8月1日火曜日~2日水曜日にかけては、前線の影響もあり、関東でまとまった雨になりそうです。蒸し暑さが続くため、体調管理にもお気を付けください。(気象予報士・片山美紀)

最終更新:7/30(日) 16:59
ウェザーマップ