ここから本文です

台風5号発達 週後半に本州付近へ北上か 今後の動きに注意

7/30(日) 16:49配信

ウェザーマップ

 強い台風5号は、海水温の高い海域を進んでいて、勢力を強めている。南西諸島から北日本の太平洋側では、31日(月)にかけてもうねりを伴った高波に注意が必要だ。なお、台風は週の後半にかけて、本州付近まで北上するおそれがある。

 強い台風5号は、30日午後3時には小笠原近海にあって、時速約10キロで南南西へ進んでいる。中心の気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大瞬間風速は50メートルで暴風域を伴っている。

 台風はこの後も海水温の高い海域で動きが遅くなるため、発達を続ける見込み。小笠原諸島では1日(火)にかけてしけが続く見込みで、予想される波の高さは、30日(日)は4メートル。31(月)8月1日(火)は5メートル。
 また、その他の太平洋側の地域でもうねりを伴った高波に注意が必要となる。さらに、台風は1日以降、ゆっくりと北上し、本州付近へ近づくおそれもあるため、今後の動きに注意が必要だ。

■先島諸島も強風・高波注意

 台風9号、10号は大陸や台湾付近で熱帯低気圧に変わる予想だが、先島諸島では30日(日)夜遅くから南東の風が強まり、しけの状態が続く見込み。強風や高波には注意が必要だ。

最終更新:7/30(日) 16:49
ウェザーマップ