ここから本文です

トントン、ユウユウ…また同じ音の繰り返しに? 上野動物園が赤ちゃんパンダの名前を募集中

7/30(日) 18:30配信

ホウドウキョク

上野動物園で6月12日に産まれたパンダの赤ちゃんの名前の募集が7月28日から始まった。

1972年の「カンカン」に始まる、同じ音を繰り返す歴代パンダの名前

名前の選定は中国との協議を経て決まる

応募方法は「WEB」「郵送」「応募箱等」の3つがあり、いずれの方法も8月10日までが応募期間となる。

名前の選定は、選考委員会による検討や中国との協議を経て、決定。
名前の決定は、生後100日を迎える9月下旬ごろを目途に発表され、決定した名前に応募した人の中から抽選で、上野動物園オリジナルグッズがもらえる。

また、グッズを差し上げた方の中から3名を選び、上野動物園で開催予定の「名前おひろめ会」にご招待されるとのこと。

三浦瑠麗:
この前、『ワイドナショー』に出た時に、中国から借りているパンダの赤ちゃんに日本的な名前を付けちゃえみたいな話になって。

「○○左衛門」とか「○○太郎」とか、そういう系の名前がいいっていう話になっていたんですけど、多分、これを中国政府と協議したら、ダメって言われるんでしょうね。

松村未央アナウンサー:
おそらく、そうでしょうね。

三浦:
ここは忖度しないで、日本的な名前しか送らなかったらどうですかね。
選択肢がこれしかないです、みたいな。

松村:
ちょっと1回、やってほしいですね。

同じ音を繰り返す、歴代パンダの名前

1972年の「カンカン」に始まる、歴代のパンダの名前がこちら。
【上記リンク参照】

松村:
トントン、リンリンとか、同じ音が2回続く名前が多いですね。
日本っぽい名前だと何がいいですかね?

三浦:
私がいいなと思ったのは「熊ノ丞」。
パンダって(漢字表記では大熊猫)で“熊”っていう漢字が入っているじゃないですか。
だから、熊ノ丞がいいんじゃないかな。

そうすると、英語で「ベア・ジョー」になるじゃないですか。 熊のジョー。

松浦茂樹(スマートニュース):
かわいいですけど…。

三浦:
あれ?みんな全然、心に刺さってない。

松浦:
毎回、同じ音の繰り返しっていう法則は、崩してもいいんじゃないのっていう気はしますよ。

7/27放送 FLAG7より

最終更新:7/30(日) 18:30
ホウドウキョク