ここから本文です

メーテルと999、稲で描く 富士山も一望、越谷で田んぼアート見頃

7/30(日) 10:30配信

埼玉新聞

 埼玉県越谷市増林の一般廃棄物処理場「東埼玉資源環境組合」(愛称・リユース)の隣接地で、田んぼアートが見頃を迎えている。リユースの煙突の高さ80メートルの展望台から見下ろすと、漫画「銀河鉄道999」に登場するメーテルと機関車や、越谷市のマスコット・ガーヤちゃんが田んぼに浮かび上がる。

 田んぼアートは今回で8回目。6月に市民約200人によって田植えが行われた。リユースによると、8月中旬ごろまでは稲の色の違いを楽しめる。展望台からは、東京スカイツリーをはじめ、富士山や関東平野も一望することができ、多い日には1日200人が訪れるという。

 展望台は、8月末まで、平日と日曜日の午前9時~午後5時(日曜は午後4時半まで)無料開放される。受付は各30分前まで。

 問い合わせは、リユース(電話048・966・0121)へ。

最終更新:7/30(日) 10:30
埼玉新聞