ここから本文です

フジモン、ナイナイ岡村とつかみ合いのケンカ「なめてんのかお前 先輩やぞ」

7/30(日) 13:00配信

AbemaTIMES

 お笑いコンビの博多華丸・大吉が、FUJIWARAの藤本敏史の冠番組『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』(AbemaTV)にゲスト出演し、フジモンと博多華丸・大吉の人生を振り返る企画が行われた。

 同番組は万が一、藤本が不祥事を起こして芸能界を追放されても後悔しないためにゲストが藤本とやっておきたい10のことを叶えていくというバラエティ。この日のお題は特別に「FUJIWARAの年表が見たい」という1つのテーマに絞られ、2時間のトークが繰り広げられた。

 その中で藤本は『吉本印天然素材』時代に、同グループのメンバーの一員だったナインティナインの岡村隆史から嫌われていたというエピソードを明かしている。

 藤本は「後楽園ホールで収録とかロケとかもやってたのよ。そこで俺もファンが欲しいから、ロケの集合場所と時間を教えてたのね」と、ファンの女の子に対して収録場所と時間を教えていたという過去を告白。この行動に対してMCのパンサー・向井 慧と華大が「ダサい!」と軽蔑する一方で、藤本は「キャーキャー言われたかったから。全部、ナイナイとか雨上がりに持っていかれるから。親切心よ。すごい喜ぶのよ」と言い訳。ファンへの行動が岡村の耳に入ったことを機に、岡村から嫌われるようになったのだそうだ。

 また、矢部浩之との不仲話も告白。藤本は「いつもの感じでみんなで飲んでて、わ~ってしてたら『うるさいな!』って言われて。後輩ですよ?なのに…『学生時代のクラスメイトだったら絶対に友達になってないわ!』って言われて」と矢部から激怒されたことがあると語った。

 藤本はさらに、「思い出したわ!岡村とホンマ、つかみ合いのケンカになったことが一回だけあんのよ」と切り出し「お笑い雑誌のライターさんが取材に来てたのよ。ライターさんが天然素材のメンバーに1人ずつ質問をしていくみたいな感じで。岡村は離れたとこにいてたのよ。で、『ファンのかたから何をもらったらうれしいですか?』っていう質問をしてきたのね。そうですね~って機嫌よく返していたら、岡村が『この人ね、ファンによく物買ってもらってますよ』って、遠くから言ってきて」と、藤本への取材中に岡村が入り込んできたエピソードを懐古。「『この前も高い電化製品買ってもらってましたわ』とか。俺が質問されるたびに、口をはさんできて。完全に横やりみたいな感じで。邪魔してんねん。取材中やったけど岡村のとこに行って『ええ加減にせえよ、なめてんのかお前。先輩やぞ』いうて。そんで岡村が『やめろや』みたいな」と、不穏な空気が流れたことを告白した。

 取材のあとには、岡村とのユニットコントをライブで披露する仕事があったらしいが、藤本曰く「ぜんぜんウケへんのね」とのこと。不仲が影響したか否かはわからないが、ライブが失敗に終わったようだ。

(AbemaTV/『フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと』より)

最終更新:7/30(日) 13:00
AbemaTIMES