ここから本文です

リカルド、レースに期待「たくさんの友達を作るつもりはない」とポジションアップを誓う/F1ハンガリーGP予選

7/30(日) 12:14配信

motorsport.com 日本版

 レッドブルのダニエル・リカルドは、決勝レースでは”友達を作る”のではなく、ポジションを上げるために果敢に攻めていくと語った。

【リザルト】2017年F1第11戦ハンガリーGPスターティンググリッド(暫定)

 リカルドは、予選6位という結果にがっかりしているが、レースでは前のマシンに挑んでいくことを誓った。

「明日は速さを発揮するための方法を見つけることができるだろう」とリカルドは話した。

「もしポジションを上げることがでいれば、それは自分たちにとって助けになる。楽しいレースになるだろうね。レースの後、僕の”友達”は多くないだろうけど、それでOKだ」

「もし隊列の最後尾にいたら、無理矢理にでも自分の道を作らないといけない。でももし順位を上げたいのなら、賢く動く必要があるだろう」

「前に行くために良いスタートを切る必要はない。これまでも、この位置からオーバーテイクを楽しんできた。明日のレースにこの熱意を注げば、良いレースになるはずだ」

 またリカルドは、フリー走行3回目でハイドロ系のトラブルが起きてしまったことで、犠牲を払うことになった考えている。

「予選Q1のアウトラップでは、もっと走る時間があれば良かったのにと思っていた」

「僕たちは少し考えなければいけなかった。これなら機能するだろうと思ったことをやったけど、予選に向けて楽観的になることはなかった」

「マシンは少し手に余る状態で、Q3ではなんとかマシンをうまく扱うことができたけど、十分に満足できるものではなかった」

「今朝はトラックの状況が大きく変わって、特にフェラーリはタイムを大幅に上げていた」

「僕たちには、彼らがやっていたようなことができなかっただけだ。僕たちは劣勢だったけど、それについてそれほど説明することはないんだ」

Glenn Freeman

Yahoo!ニュースからのお知らせ