ここから本文です

全国小学生テニス選手権大会 V前田優「とても嬉しい」<男子テニス>

7/30(日) 20:58配信

tennis365.net

第35回第一生命全国小学生テニス選手権大会

全国から集まった小学生が日本一を競う第35回第一生命全国小学生テニス選手権大会(東京/相娯園総合グラウンドテニスコート、クレー)は大会最終日の30日、男子シングルス決勝が行われ、花田海翔(福岡/北九州市立曽根東小学校)を6-2, 6-3のストレートで下して日本一に輝いた前田優(大分/大分大学教育学部附属小学校)が表彰式でのスピーチで大会を振り返った。

【錦織も優勝した全国小学生テニス選手権大会】

九州勢対決を制してタイトルを獲得した前田は「運営して下さった関係者の皆さん、ありがとうございます。僕はこの大会で優勝することが目標だったので、優勝出来てとても嬉しいです」と喜びを語った。

「2回戦からの出場で、簡単な試合が1つもなくて全部厳しい試合でしたが、それを勝ち抜いて優勝出来て嬉しいです」

「この優勝は自分の力だけで出来たものではなく、コーチやお母さんやお父さん、そしてテニスの仲間たちのおかげで優勝出来たと思います。これで喜ぶのではなく、次の全日本ジュニアなどでいい成績を出せるように頑張りたいです」と、感謝と今後への意気込みを述べた。

この日、優勝を飾った前田には優勝カップやメダルの他に世界ランク8位の錦織圭の直筆サインが入ったタオルが贈られた。

今大会、前田は2回戦で小原凜太朗(岩手/奥州市立水沢小学校)、3回戦で服部伶矢(京都/長岡京市立長岡第五小学校)、準々決勝で大熊樂(東京/私立成蹊小学校)、準決勝で第2シードの坂本健英(神奈川/相模原市立若松小学校)を下して、決勝まで駒を進めていた。

tennis365.net

最終更新:7/30(日) 20:58
tennis365.net