ここから本文です

習近平氏 人民解放軍を前に演説

7/30(日) 15:44配信

ホウドウキョク

中国人民解放軍が、創設から90年を迎えるのに合わせ、閲兵式が行われ、習近平国家主席は「永遠に党の声を聞かなければならない」と訓示した。
習近平国家主席は「永遠に党の声を聞き、党に従い、党が示す場所まで、戦い続けなければならない」と述べた。
軍トップの習主席は、迷彩服姿で閲兵式に臨み、「われわれの軍は、侵略してくる一切の敵を倒す能力と自信がある」と述べた。
会場となった内モンゴル自治区の訓練基地は、アジア最大の基地とされ、パレードには、最新のステルス戦闘機「殲-20」や、弾道ミサイルなど、およそ600の装備とともに、兵士ら1万2,000人が参加した。
習主席としては、2017年秋に予定されている共産党大会を前に、最高司令官である、自らの威信を示す狙いがあるものとみられる。

画像つきで記事をみる

最終更新:7/30(日) 15:44
ホウドウキョク