ここから本文です

女性霊から逃げろ、大阪・難波のホラー脱出イベント

7/30(日) 14:00配信

Lmaga.jp

この季節にぴったりのホラーイベントが、大阪・道頓堀の常設型謎解きルーム「時解TokiToki エスケープカフェ」(大阪市中央区)で開催中。今年4月にスタートしてから約1000人が来場するなど好評だというので、そのワケを探るために挑戦してみると、ホラー好きはもちろん、脱出ゲーム好きも満足できる新体験のお化け屋敷ということが判明した。

【写真】体験中の様子

『赤いおふだ 廃墟ビルからの脱出』は、「おふだのビル」と呼ばれる心霊スポットで起こるさまざまな心霊現象に立ち向かいながら、成仏できない女性の霊の呪いを鎮め、脱出を目指すというもの。死体が横たわっていたりと超本格的な雰囲気のなか謎解きに挑戦するが、参加者同士協力し合って解かないと時間制限に間に合わないほど、問題は高難度だ。

ゲーム中は、おふだが貼り巡らされた暗い会場の扉を開けて進んでいかなければ謎が解けないのだが、進むべき先には人の気配がしたり、怪しげな雰囲気ムンムンで、あぁ進みたくない・・・!という、もどかしい気持ちに。解けたら解けたで、その都度「なにかが起こりそう」という恐怖とドキドキ感はすさまじく、謎解きに集中できないことがしばしば。そんな状況で謎が解けたときの達成感といったら、通常の脱出ゲームの倍以上なのだ。

ゲームにはその場に集まった6名1グループで挑戦(1人~でも参加可能)。30分以内にすべての謎を解き、脱出できたらゲーム成功となる。「開催してから、反響はかなりあります。初めましての人と一緒に挑戦することもあるんですが、みなさん協力し合って恐怖と戦いながら謎を解いていくので、一体感が生まれてすごく盛り上がっていますね」と店長の中山さん。ひんやりではなく思わず熱くなるお化け屋敷、ぜひその恐怖と楽しさを味わってみて。チケットは2300円。

最終更新:7/30(日) 14:00
Lmaga.jp