ここから本文です

屋台や演奏、港町を満喫 きょう30日まで新湊「内川十楽の市・夏の夜の彩り」 

7/30(日) 0:08配信

北日本新聞

 射水市新湊地域中心部を流れる内川沿いの夏のイベント「内川十楽(じゅうらく)の市・夏の夜の彩り」が29日、始まった。屋台出店やよさこいパレード、アマチュアアーティストの演奏など多彩な催しがあり、来場者でにぎわった。30日まで。

 港町の情緒や「日本のベニス」と呼ばれる内川の魅力を発信することを狙い、NPO法人水辺のまち新湊や地元企業、各種団体などでつくる実行委が毎年実施している。

 川の駅新湊(立町)周辺には、射水商工会議所青年部や地元の観光ボランティアグループ「あゆの風」などが屋台を出し、大勢の来場者が祭りの風情を楽しんでいた。

 「内川リバーサイドライブ」と題し、県内で活動するアーティストが出演。色とりどりの衣装に身を包んだ参加者によるよさこいパレードもあり、会場を盛り上げた。

 日没後は、地元住民や子どもたちが作ったペットボトルの灯籠やイルミネーションが会場を幻想的に彩った。地元伝統の盆踊り「のじた」の輪踊りもあり、来場者が楽しいひとときを過ごした。

 30日はスーパーボールすくいなどの屋台が出る「子供縁日」やビンゴ大会を川の駅新湊で行う。北日本新聞社後援。

北日本新聞社

最終更新:7/30(日) 0:08
北日本新聞