ここから本文です

ハス「妙蓮」公開始まる 金沢・持明院、来月11日まで

7/30(日) 1:50配信

北國新聞社

 真言宗持明院(じみょういん)(金沢市神宮寺3丁目)で29日、県指定天然記念物「妙蓮(みょうれん)池」のハスの花が見頃を迎え、一般公開が始まった。8月11日まで拝観を受け付けており、5日にはライトアップを行う。

 持明院の「妙蓮」は、弘法大師が唐から種を持ち帰り、金沢に植えたと伝わる。一つの茎に幾つもの花が付く珍しいハスで、持明院の他には滋賀県守山市にしか生息していない種とされる。

 一つの花が2千~4千枚もの花びらを持つのも特徴で、訪れた人は淡い色合いながら重厚感のある花に見入った。

北國新聞社

最終更新:7/30(日) 1:50
北國新聞社