ここから本文です

東海大相模が初出場で初勝利!北海道大谷室蘭を1-0で下し“タイガー対決”に挑む

7/30(日) 0:36配信

ゲキサカ

[7.29 総体1回戦 東海大相模1-0北海道大谷室蘭 七ヶ浜サッカースタジアム(人工芝)]

 平成29年度全国高校総体 「はばたけ世界へ 南東北総体2017」サッカー競技(宮城)が29日に開幕し、各地で1回戦を行った。七ヶ浜サッカースタジアム(人工芝)の2試合目では、初出場の東海大相模高(神奈川1)と北海道大谷室蘭高(北海道)が対戦。後半終了間際の先制点により1-0で東海大相模が記念すべき総体初勝利を飾った。

 その決勝点は後半33分に生まれた。東海大相模はFW山口泰輝(3年)のパスをPA手前で受けたMF有馬和希(2年)がPA右へスルーパス。これに反応したMF瀬名波新平(3年)が放ったシュートは水を含んだピッチによりゴールライン手前で止まりかけたが、なんとかラインを越えて劇的な勝利を呼び込んだ。

 一方、4年ぶり29回目の出場となった北海道大谷室蘭はMF江幡俊介(3年)がシュートを3本放ったが決めきれず。チームとしても70分間で4本にとどまり、“北の名門”は初戦で姿を消すこととなった。

 なお、東海大相模は30日に行われる2回戦で、同じく黄色をベースに黒の縦縞のユニフォームを着用している昨年度の全国高校選手権準優勝校・前橋育英高(群馬)と対戦する。

最終更新:7/30(日) 0:45
ゲキサカ