ここから本文です

香川西の注目FW高木をマンツーマンディフェンス。星稜CB敷田「自分も楽しかった」

7/30(日) 1:16配信

ゲキサカ

[7.29 総体1回戦 星稜高 2-1 四国学院大香川西高 松島フットボールセンターピッチ2]

「雑誌とかにも載っている子というのは聞いていたので、自分も楽しみにしていて、レベルの高い相手とできて、自分も楽しかったですね」。

 星稜高の敷田唯主将(3年)はこの日、U-16日本代表歴も持つ四国学院大香川西高のFW高木慎也(3年)相手にマンツーマンディフェンス。スピード、テクニックを兼ね備えた四国ナンバー1FWとのマッチアップを「楽しかった」と振り返った主将は、ターゲットの高木に得点を許さず、2-1での逆転勝利に貢献した。

 前半は高木のスピードに苦戦するシーンもあった。後半も水たまりでボールが止まってしまうようなピッチにもかかわらず、1人でシュートまで持ち込んで来る高木に苦しめられた。だが、「前半のうちにプレースタイルとかも把握できて、対応の仕方も自分なりに考えることができたと思います」という敷田は「GKからのロングボール一発とかもあって、縦というのは警戒していたんで、まずボールを収めさせる前に厳しくいくということと、収められたら縦切って間合い空けずに身体当てて押し出すこと」を徹底する。

 高木に自由にプレーをさせなかったことで0-1のまま試合を進めた星稜は試合終盤の2ゴールによって2-1で逆転勝ち。敷田は「やられているシーンも何個かあったんでそこは課題として残るんですけど、得点を与えなかったのは良かった」と静かに微笑んでいた。

 集中力を欠かさず、全員で戦うことができる部分が今年の星稜の強みだと感じている。その中で主将として「(チームの中で)一番やるということを第一」に考えているという敷田。泥臭く身体を張って勝利へ導いたこの日のように、誰よりも走って、身体を張って、「日本一」のために名門・星稜を背中で引っ張り続ける。

最終更新:7/30(日) 1:46
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報