ここから本文です

阪南大高がセットプレーから全3発!初出場・日本文理に快勝で総体初勝利

7/30(日) 1:29配信

ゲキサカ

[7.29 総体1回戦 阪南大高3-0日本文理 七ヶ浜サッカースタジアム(人工芝)]

 平成29年度全国高校総体 「はばたけ世界へ 南東北総体2017」サッカー競技(宮城)が29日に開幕し、各地で1回戦を行った。七ヶ浜サッカースタジアム(人工芝)の3試合目では、阪南大高(大阪2)が初出場の日本文理高(新潟)を3-0で下し、2回戦進出を決めた。

 今季、高校年代最高峰リーグ、高円宮杯U-18プレミアリーグに初参戦の阪南大高が開始早々から“総体1年生”に襲い掛かった。前半4分、MF中村成龍(2年)の右CKからDF伊吹卓祐(3年)が打点の高いヘディングシュートを叩き込み、幸先よく先制する。さらに15分にも中村の左CKから今度はFW和田育(2年)が頭で合わせ、2-0とリードを広げた。

 後半に入っても勢いが止まらない阪南大高は3分、PA右角あたりでFKを獲得すると、DF小川大空(3年)が左足一閃。シュートはゴール正面に飛んだが、クロスバーの下をかすめてゴールに吸い込まれ、3-0。阪南大高は全得点がセットプレーに絡んだプレーだった。一方の日本文理は前半こそ4本のシュートを放ったが、反撃の糸口をつかめないまま初のインターハイが終了した。

 2回目のインターハイ出場となった阪南大高は、初出場した2013年大会は2回戦から登場し、帝京大可児高(岐阜)に0-1で敗れていた。だが、今回は3-0で快勝し、インターハイ初勝利。明日30日に行われる2回戦では丸岡高(福井)と対戦する。

最終更新:7/30(日) 1:29
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合