ここから本文です

MF荒木がまた2発!最注目FW安藤もFK弾!長崎総科大附が東海大仰星を下す

7/30(日) 17:00配信

ゲキサカ

[7.30 総体2回戦 長崎総合科学大附属高4-1東海大仰星高 七ヶ浜サッカースタジアム]

 平成29年度全国高校総体 「はばたけ世界へ 南東北総体2017」サッカー競技(宮城)は30日、各地で2回戦を行った。七ヶ浜サッカースタジアムの1試合目では、長崎総合科学大附高(長崎)が東海大仰星高(大阪1)を4-1で下した。31日の3回戦では尚志高(福島)と対戦する。

 序盤から攻勢をかけたのは長崎総科大附。29日の1回戦・徳島市立高(徳島)戦で2ゴールを叩き込んだMF荒木駿太(3年)が、この日も躍動した。前半3分、MF別府尊至(3年)が蹴り出したボールに抜け出し、左足のループシュートで1点目。後半4分にもMF中村聖鷹(3年)の浮き球に反応し、同じような軌道のループシュートを今度は右足で決めた。

 昨年度選手権ベスト4の東海大仰星も後半14分、ようやく1点を返す。右からのDF藤田星陽(2年)のロングスローに反応したFW阪本晃洋(3年)が右サイドを突破。飛び出したGKをかわして中央に鋭いクロスを送ると、フリーで待ち構えていたMF藤原拓未(3年)がボレーで決めた。

 ところが反撃はここまで。長崎総科大附は後半20分に中村がヘディングシュートを決め、終盤の同32分にはエースのU-19日本代表FW安藤瑞季(3年)が待望の今大会初ゴール。左斜め前20メートル強のFKを、壁を越える弾道で豪快に突き刺した。

 試合は4-1で終了。大会最注目エースの初ゴールで勢いを増す長崎総科大附が、創部以来初めての総体3回戦に臨む。

最終更新:7/30(日) 17:21
ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

Yahoo!ニュースからのお知らせ