ここから本文です

【決勝レポート】フェラーリが1-2! マクラーレン・ホンダはWポイント達成/F1ハンガリーGP

7/31(月) 0:25配信

TopNews

2017年F1第11戦ハンガリーGPが7月30日(日)、ハンガロリンク(全長4.381km)で最終日を迎え、現地時間14時(日本時間21時)から行われた決勝でフェラーリのセバスチャン・ベッテルが優勝した。今季4勝目、通算46勝目。

●【ファステストラップ表】アロンソ、最速タイムを記録!/F1第11戦ハンガリーGP決勝

■レッドブル同士打ちでセーフティカー導入

スタートではフロントロウからスタートしたフェラーリ勢がうまく順位をキープする中、その後方でメルセデスAMG勢とレッドブル勢が交錯。ここでマックス・フェルスタッペンがチームメートのダニエル・リカルドにターン2でクルマをぶつけてしまい、リカルドはここでリタイアに追い込まれるというレッドブルにとっては最悪の展開となる。

レースはこのクラッシュのため1周目にセーフティカーが導入されるという波乱のスタートとなる。フェルスタッペンはそのまま走行を続けるものの、そのクラッシュの原因を作ったと判定され10秒加算ペナルティーが科されてしまう。

一方、7番グリッドからスタートしたマクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソはスタート直後のターン1で9番手スタートだったカルロス・サインツ(トロロッソ)からコース外に押し出される形となり、結局スタート時と同じ7番手でその後のレースに臨むことになった。

アロンソのとなり8番手からスタートしたストフェル・バンドーン(マクラーレン)はセルジオ・ペレス(フォース・インディア)にも先行を許し10番手に順位を落としてしまう。

■フェラーリリードでレースが展開/アロンソは6番手に浮上

6周目にセーフティカーが解除されレースが再開されると、フェラーリ勢がメルセデスAMG勢との差を広げ、ベッテルが快調に集団をリードしていく。抜きどころのないハンガロリンクだけに、その後はたんたんと周回が重ねられていき、順位変動はほとんど起こらない。

レースが31周目に入ったところで上位勢ではまずバルテリ・ボッタス(メルセデスAMG)がピットに入りソフトタイヤに交換。ハミルトンもその次の周にピットに向かう。そしてそれに反応するようにベッテルも33周にピットイン。その次の周にライコネンもタイヤ交換を行う。これでフェルスタッペンが暫定トップに位置する。

36周目に6番手のサインツと7番手のアロンソが同時にピットインを行う。サインツが順位をキープしてアロンソの前でコース復帰するも、その後アロンソが猛攻をしかけ、38周目についにサインツを追い抜いて順位アップを果たす。

43週目にフェルスタッペンがピットに入り、ペナルティー消化とタイヤ交換を行い、フェラーリ勢、メルセデスAMG勢の後ろ5番手でコースに戻る。その後前のクルマが予定のピットインを行ったことで、48周目にはアロンソが6番手に上がる。

■メルセデスAMGチームオーダー発令も届かず

レースが終盤に近づくころからベッテルのペースが上がらなくなり、ライコネン、ボッタス、ハミルトンが4台で連なって走行する状態となる。

ハミルトンの方が速く走ることができると判断したメルセデスAMGは、チームオーダーを出してハミルトンをボッタスの前に出す。ハミルトンはその後ライコネンを追い抜こうとくらいついていくものの、抜きどころのないハンガロリンクだけに実際に追い抜くだけのチャンスは生まれない。

■フェラーリがモナコ以来の1-2フィニッシュ

結局、ベッテルとライコネンがその順位を維持したままでチェッカーフラッグを受け、フェラーリが第6戦モナコGP以来となる今季2回目の1-2フィニッシュを達成した。

ライコネンをとらえられなかったハミルトンは最後にボッタスに順位を譲り、ボッタスが3位、ハミルトンが4位でフィニッシュラインを横切った。10秒ペナルティーを受けたフェルスタッペンが5位でそれに続いた。

■マクラーレン・ホンダも目標のWポイント達成

そしてマクラーレン・ホンダのアロンソが今季最高位となる6位でフィニッシュ。アロンソは69周目にファステストラップを刻むというパフォーマンスも見せ、その存在感をアピールした。

マクラーレン・ホンダのストフェル・バンドーンもピットインした際にオーバーランするミスを犯して一時トップ10圏外に落ちたものの、その後順位をばん回して10位でフィニッシュ。今季初ポイントを獲得した。

ハンガリーGP決勝トップ10ドライバーは次の通り。

優勝/セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
2位/キミ・ライコネン(フェラーリ)
3位/バルテリ・ボッタス(メルセデスAMG)
4位/ルイス・ハミルトン(メルセデスAMG)
5位/マックス・フェルスタッペン(レッドブル)
6位/フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)
7位/カルロス・サインツ(トロロッソ)
8位/セルジオ・ペレス(フォース・インディア)
9位/エステバン・オコン(フォース・インディア)
10位/ストフェル・バンドーン(マクラーレン)

次戦F1第12戦ベルギーGPは8月25日(金)の現地時間10時(日本時間17時)に開幕。決勝は8月27日(日)の現地時間14時(日本時間21時)にスタートする。

最終更新:7/31(月) 7:22
TopNews