ここから本文です

【香港】恵理、日本の物流施設2カ所買収

7/31(月) 11:30配信

NNA

 香港の投資ファンド、恵理集団(バリュー・パートナーズ)は27日、静岡県掛川市と埼玉県東松山市の物流施設2カ所を買収すると発表した。買収額は合わせて125億6,000万円。
 施設の延べ床面積は掛川市が4万2,449平方メートル、東松山市が1万7,987平方メートル。入居率はともに100%で、今年上半期(1~6月)の賃料収入は合わせて約3億9,200万円だった。手続きは来月初旬に終わる予定で、表面利回りは3~4%となる見通し。
 28日付明報によると、恵理が不動産ファンドを取り扱うのは初めて。株式市場の強含みに伴う自社ファンドの解約者の増加を懸念し、投資先を分散する狙いがあるとみられている。

最終更新:7/31(月) 11:30
NNA