ここから本文です

<東出昌大>なぜ落語にはまったのか? Eテレ「落語ディーパー!」

7/31(月) 12:00配信

まんたんウェブ

 2016年10月から17年2月まで放送された「超入門!落語THE MOVIE」(NHK総合)は、落語を聴く機会がなかった人に、その面白さを気づかせてくれた。この夏、別の切り口で「落語を知らないなんて、もったいない」と、さらに落語の奥深さと面白さを追求した番組が放送される。落語ファンの俳優、東出昌大さんと若手落語家が出演し、31日午後11時からスタートする「落語ディーパー!」(NHK Eテレ)。東出さんがなぜ落語にはまったのか、落語の魅力はどこなのかを教えてくれる落語バラエティー番組だ。

【写真特集】東出さんの怪演が話題…「あなそれ」最終回はどうなった?

 モデルから俳優に転身した東出さんは、妻となった杏さんが主演した2013年のNHK連続テレビ小説「ごちそうさん」に出演し、ブレークした。東出さんは関東出身のため、撮影前に、上方(関西)の言葉や文化を体に染み込ませようと、寄席「天満天神繁昌亭」(大阪市北区)と、その入り口の前にある上方落語協会会長の桂文枝さんら上方の落語家が行きつけの喫茶店「ケルン」で、アルバイトとして働いていた。

 今でも「ケルン」には、落語家のサインとともに、東出さんが杏さん、近藤正臣さんらと訪れた時の写真が飾ってあり、落語ファン、ごちそうさんファンの「聖地」となっている。

 名人、古今亭志ん朝を聴いて落語にはまったという東出さん。番組では落語ファン代表、私たち視聴者代表というポジションだ。毎回、一つのネタを取り上げ、「もったいないポイント」、すなわち、そのネタの見どころをあげて、春風亭一之輔さんらと、そのネタの好きなところ、落語家はどう演じるのかなどをトークする。出演は一之輔さんと、柳家わさびさん、柳亭(りゅうてい)小痴楽(こちらく)さん、立川(たてかわ)吉笑(きっしょう)さん。そこに大学で落語研究会だった雨宮萌果アナウンサーが加わる。

 いわゆる「芸談」なのだが、この噺(はなし)はこうで、ここがポイント、といったことは、普通は表で話さないもの。しかし、この番組は東出さんと落語家4人が、「落語を愛する」という同じ目線で語り合っているところが新鮮だ。落語家4人の中では一之輔さんだけが「師匠」と呼ばれる真打ちだが、一之輔さんと他の「二ツ目」3人が語り合う場面に、視聴者は東出さんに乗り移って「芸談」に参加しているような気になる。

1/2ページ

最終更新:7/31(月) 14:45
まんたんウェブ