ここから本文です

米スプリント、CATV大手チャーターに合併提案=関係筋

7/31(月) 7:41配信

ロイター

[28日 ロイター] - 関係筋によると、ソフトバンクグループ<9984.T>傘下の米携帯電話大手スプリント<S.N>が、米ケーブルテレビ(CATV)大手チャーター・コミュニケーションズ<CHTR.O>に合併を提案した。

スプリントは米携帯電話大手TモバイルUS<TMUS.O>との合併以外の選択肢を模索している。

関係筋によると、ソフトバンクは、同社の傘下に入る新会社の設立を含めた提案をチャーターに行ったもよう。チャーターがスプリントとの合併に関心を示すかどうかの保証はないという。

合併交渉については、米ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が28日に第一報を伝えた。

ブルームバーグは28日、チャーターがスプリントの提案を拒否したと伝えている。

チャーターの時価総額は946億ドルで、スプリントを大幅に上回る。

チャーターと米CATV最大手コムキャスト<CMCSA.O>は5月、ワイヤレス事業で互いに同意なく買収や投資などの重大な取引を向こう1年行わないことを取り決めたと発表している。そのため、チャーターがスプリントとの合併に合意する場合、コムキャストから同意を得る必要がある。

スプリントとコムキャストはコメントを拒否。チャーター、ソフトバンク、Tモバイルはコメントの求めに応じていない。

最終更新:8/4(金) 20:44
ロイター