ここから本文です

躍る胸どんどん熱く 新潟まつり4日開幕 ふれ太鼓が巡行

7/31(月) 9:55配信

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 1週間後に迫った新潟まつり(8月4~6日)の開幕を告げる「ふれ太鼓」が28日、新潟市中央区のJR新潟駅前や古町地区などを巡った。法被にはちまき姿の一行が笛と和太鼓の軽快な音を響かせ、祭りムードを盛り上げた。

 ふれ太鼓は祭りの開催を市民に「触れて回り」、安全を祈願する恒例行事。中央区万代島の朱鷺メッセ前で出発式が開かれ、新潟まつり実行委員会の広田幹人副実行委員長は「祭りが事故なく成功するよう祈願してほしい」とあいさつした。

 のぼりや紅白色で飾られたトラックに新潟万代太鼓「飛龍会」のメンバーら16人が乗り込み、約19キロを約3時間かけて回った。三社神社と白山神社でおはらいを受け、萬代橋では車を降りて練り歩いた。飛龍会の渡辺均会長(57)は「手を振られたり『頑張れ』と声援をもらったりした。当日は多くの市民に参加してほしい」と呼び掛けた。