ここから本文です

韓国テドン小、U―12で連覇 磐田国際サッカー大会

7/31(月) 7:50配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 国内外12チームが参加した「磐田U―12(12歳以下)国際サッカー大会」(県サッカー協会、実行委主催、静岡新聞社・静岡放送共催)は最終日の30日、磐田市のスポーツ交流の里ゆめりあで決勝と3位決定戦を行った。決勝はテドン小(韓国)が1―0で横浜Mプライマリーを下し、2連覇を達成した。

 テドン小は前半に奪った先制点を守り、終盤の横浜Mの猛追を振り切った。決勝で好セーブを見せたGKのパク・スンヨン選手が最優秀選手に選ばれた。3位決定戦は名古屋グランパスが浦和レッズに3―1で勝った。県勢は県西部選抜がA組4位、清水エスパルスがA組5位、県選抜がB組3位、ジュビロ磐田がB組5位だった。



 ▽3位決定戦

 名古屋グランパス 3―1 浦和レッズ

 ▽決勝

 テドン小 1―0 横浜Mプライマリー

静岡新聞社