ここから本文です

「上司のパソコンにイルカがいた」 シュールでクセになる山田全自動さんの浮世絵風作品が書籍化決定でござる

7/31(月) 9:10配信

ねとらぼ

 さまざまな“あるある”を浮世絵風の俳画で表現した山田全自動さんの作品が「山田全自動でござる」として書籍化、9月8日にぴあから発売されます。さらに、9月6日からは福岡で個展も開催されます。

【画像】「山田全自動でござる」の内容

 山田全自動さんは佐賀出身・福岡在住のイラストレーター&ウェブデザイナー。ちょんまげ姿の人物のイラストに「上司のパソコンにまだイルカがいた」「聴きたかった曲がライブバージョン」など、誰もが「あるある」と言ってしまいそうな一言を添えた作品が人気となり、Instagramのフォロワーは10万人を超えています。

 そんな作品を集めた書籍「山田全自動でござる」には、「おふぃすあるあるで候」「SNSあるあるで候」など10章、全100作品が掲載されます(うち30作品は本邦初公開の描きおろし)。四六判・128ページで価格は1000円(税別)です。

 山田全自動個展「山田全自動でござる」は9月6日~24日に地元・福岡のステレオコーヒーで開催。会場には厳選した作品や個展新ネタが展示され、ポストカード、手ぬぐいなどのグッズも販売予定です。

●山田全自動初個展

開催日:9月6日~24日

営業時間:8時~22時

場所:福岡市中央区渡辺通3-8-3「STEREO COFFEE」

最終更新:7/31(月) 9:10
ねとらぼ