ここから本文です

【パンクラス】稲垣組・北方が”ブラジルのパックマン”と激突

7/31(月) 17:21配信

イーファイト

 10月8日(日)東京・ディファ有明で開催される『PANCRASE 290』の追加対戦カードが発表された。
 
 パンクラス・ストロー級2位・北方大地(パンクラス大阪 稲垣組)がロード・トゥ・パンクラス・ブラジル優勝者のダニエル・パックマン(ブラジル)と対戦する。

【フォト】昨年12月、王者・砂辺にチョークスリーパーを極められ、北方は無念のタップアウト

 北方は2010年のプロデビューからパンクラスを主戦場に活躍し、これまでに16勝8敗1分2ノーコンテストの戦績を収めている26歳。元パンクラス・フェザー級&元DEEPバンタム級王者・前田吉朗らが所属する稲垣組、期待のニューリーダーとして大阪大会では度々メインイベンターを務める。

 昨年12月、パンクラス・ストロー級王者の砂辺光久に挑戦。激闘の末、一本負けを喫しタイトル奪取とはならなかったが、4月大会では同級8位・八田亮に3Rフロントチョークで一本勝ちしている。

 対するパックマンは12勝5敗の戦績を持ち現在7連勝中の24歳。超攻撃的なグラップラー(寝技主体の選手)で12勝の内6つの一本勝ちと2つのKO勝ちを記録している。昨年9月、ブラジルの『アスペラFC』で行われたロード・トゥ・パンクラスのトーナメントで優勝して日本行きの切符を手にした。

 また、ボクシング元6階級制覇王者のマニー・パッキャオがパックマンの愛称で親しまれているが、こちらのパックマンも同じように愛称だという。

 北方は”ブラジルのパックマン”に勝利して絶対王者・砂辺へのリベンジロードを歩めるか。

 さらに、2011年ネオブラッドトーナメント(以下NBT)ウェルター級優勝者・草・MAX(TEAM CLIMB)vs2016年NBT同級優勝者・小林裕(U-FILE CAMP)の新旧NBT優勝者対決も発表されている。

最終更新:7/31(月) 17:21
イーファイト