ここから本文です

秋葉原でARスポーツ「HADO」体験イベント /東京

7/31(月) 12:00配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 ダーツ&スポーツバー「スリーモンキーズカフェ秋葉原店」(千代田区外神田1)で8月1日、ARスポーツアトラクション「HADO(ハドー)」体験イベントが始まる。(アキバ経済新聞)

 AR(拡張現実)技術を使い、専用ヘッドマウントディスプレーとアームセンサーを装着してプレーする「HADO」。プレーヤーは、腕を前に突き出してエナジーボールを撃ったり、バリアを出して相手の攻撃を防いだり、試合時間80秒間で点数を取り合ったりするドッジボールのようなチームバトルを展開。実際の空間にGC映像が合成され、自分がエナジーボールを撃っているかのように見えるのが特徴。

 今回、ニュートン(新宿区)が運営するパセラリゾーツAKIBAマルチエンターテインメント3階の同店とコラボ。期間中、店内で同アトラクションを体験することができる。

 9月3日には賞金総額300万円を懸けて戦う世界大会「HADO WORLD CUP2017」の公式予選大会「HADO SUMMER CUP2017」も開催する。

 利用料金は、1人1プレー(1試合80秒×3試合)1,000円(テーブルチャージとして要ワンオーダー、初日はオープン記念でプレー料金無料)。7歳未満利用不可。

 実施は日曜~木曜の17時~23時。9月28日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク