ここから本文です

福山雅治、人見知りで吉田鋼太郎とあわや一触即発?

7/31(月) 21:17配信

シネマトゥデイ

 俳優の福山雅治が31日、TOHOシネマズ六本木で行われた映画『三度目の殺人』完成披露イベントに来場、共演者の吉田鋼太郎から「嫌なやつだと思った」と告白され、会場はあわや一触即発の雰囲気(?)に包まれた。この日は役所広司、広瀬すず、斉藤由貴、満島真之介、そして是枝裕和監督も出席した。

美貌を絶賛された広瀬すずも登場!【他写真】

 近年、家族という題材に向き合ってきた是枝監督が、法廷を舞台にしたサスペンスに挑戦した本作。得体の知れない容疑者(役所)に翻弄される弁護士(福山)が崩壊していくさまを描き出す。福山、吉田、満島は同僚の弁護士という役柄を務めているも、吉田は「福山さんとは初共演だったんですが、最初に福山さんと本読みでお会いした時に、目も合わせてくれなかったし、最初のおはようございます以外は一言も口をきいてくれなかった。なんだこいつはと。スターだから、こういう人なのかな。この人と2か月やるのはたまったもんじゃないなと思った」と突然の告白。それには福山も「役じゃなくて僕がですか? そうですか」と驚いた様子で、会場はあわや一触即発(?)の雰囲気に包まれたが、「でもその後はそういう人じゃなかった。もしかしたらあのときは緊張していたのかもしれない」と思い直したという吉田。

 対する福山は「50歳近くになって。いまさらこんなこと言うのは何なんですが、基本、人見知りなんですよ。そういうのが似合わない年齢になっていますけど」と弁明しつつ、「ただ、僕の中では、鋼太郎さんも実はそうなんじゃないかなと思っているんです。人見知りシンクロというか」と指摘する。そんなコメントに対して吉田も「分かります! 僕も本当に人見知りなんで」といつの間にか意気投合。「それは失礼しました」(福山)、「いえいえこちらこそ」(吉田)と今ではすっかり仲良しの二人だった。

 一方、「3人の撮影は本当に楽しかったんですよ」という満島は、「僕はお兄ちゃんだけいないんで、勝手に(福山が)お兄ちゃんになった気分で。兄貴お願いします!」と笑顔満開。「基本的に3人とものんべい」という福山、吉田、満島の3人組は、福山オススメの激辛ラーメンを食べつつ親睦も深めたという。役所が「僕は激辛ラーメンに誘ってもらってない」とさみしそうに付け加えると、会場は大爆笑。広瀬は「わたしは激辛ラーメンの時は横でお三方を眺めさせていただいたんですが、汗をかきながら食べている姿を見て、生きているんだなと思いました」となぜかしみじみ、感じるところもあったようだ。

1/2ページ

最終更新:7/31(月) 21:48
シネマトゥデイ